主婦でも借金ってできるの?!

主婦の借金生活をしていると、すぐにでもお金が必要なのに給料日まで少し足りない!という状況になってしまう時があります。

それはパートをしている主婦や、自分自身に収入のない専業主婦でも変わりません。

そんな時は一時しのぎとしてお金を借りるのも仕方ありません!
とはいえ、収入が少ない、あるいは無職の主婦でも借金はできるのでしょうか?

例えば、無職の専業主婦でお金がどうしても足りない時に「収入がないから借金するのは無理かな?」
そう思っている人は多いのではないでしょうか?

でも安心してください!

消費者金融はお金を貸してくれなくても銀行系のカードローンなら、無職の専業主婦でもOKの借りれるキャッシングがあるんです!

また、パートやアルバイトをしている主婦の場合は、安定した継続収入があると認識されるため、30日間の無利息期間サービスのある消費者金融系カードローンでも、お金を借りることが可能です。

カードローンで借金をする際には、ご自分の収入に応じて借りられるカードローンを選んで活用してくださいね。

主婦がカードローンで借金する理由

悩む女性普段の生活において、特に主婦の場合は家計を管理して家族が安心して生活できるように、生活費を運用して家計簿とにらみ合いながら日々過ごしている主婦も多いと思います。

いくら日々どれくらいの生活費が必要かということをしっかりと計算していても、急に思いがけない出費が必要になる場合があります。

このような場合にしっかりと貯金が出来ている場合は、貯金から必要な資金を引き出すことによってお金が急に無くなったというピンチを切り抜けることができますが、しっかりと貯金が出来ていない場合は、自分でお金をどうにか用意する必要があります。

その場合、配偶者に対して「お金が必要になったのでお金を貸してほしい」ということは、なかなか言い難いところだと思います。

借金をしてもすぐに返せるお金であるなら、配偶者に借金の必要を伝えて揉め事になるよりも、自分で借りて返済できるお金が出来たら借りたお金を返そうと思っている主婦もいると思います。

問題は主婦でもカードローンが利用できるかどうかということですが、最近では主婦でも対応しているカードローンサービスが増えているため、昔に比べると随分主婦のカードローンに対して寛容になった金融機関が増えたという印象があります。

主婦がカードローンを利用する場合も、そのほかの人がカードローンを利用する場合も共通して言えるのは、お金を貸す側である金融機関は貸す側がどのような状態であれ、貸したお金が返ってくるなら、主婦であっても正社員でもあっても変わりありません。

ただし、正社員がカードローンを利用する場合に比べると、主婦がカードローンを利用する場合の方が返済や完済率が低くなっているため、その辺りのことを考慮してカードローン審査は行われます。

主婦が夫に内緒で借金するには

内緒スーパーに行けば『お肉もお魚も半額シールを張られるのを待ってからでないと買えない…』という方も。
ごはんの準備をする主婦にとって、家計の遣り繰りは死活問題です。

スマホの電卓機能を活用して毎日お買い物、一日に使える金額の上限を決めておかなければすぐに赤字になってしまいます。

『もう少しお給料が増えたらいいのに…』と悩む主婦の方も少なくはないですよね。 しかし汗水たらして働き、くたくたになって帰ってくる夫の姿を見れば「お金がなくて生活が苦しい」なんて言いづらい。
言ったところでお給料は増えませんし、夫と喧嘩になるだけなので内緒にしておいた方が良いでしょう。

だからといって自分の実家に頼って老いた両親を心配させたくないし、義実家には尚更話しづらい問題です。

お姑さんは所詮他人、家計が苦しいと嫁がこぼそうものなら「うちの息子の稼ぎが悪いということか」と不興を買うだけです。
慎ましく暮らしているのに、浪費を疑われるかもしれません。
内緒にしておくのが無難でしょう。

結局のところ、家計を預かる主婦の皆さんが孤軍奮闘して乗り越えなければなりません。

そんな時の解決策として、主婦の皆さん向けの銀行カードローンがあります。

銀行カードローンは安心感があり、金利も消費者金融よりずっと安く設定されているのが魅力的です。
消費者金融のカードローンと違って、配偶者の同意書や収入証明書がなくてもお申し込みが可能です。
これなら夫に内緒にしておくことができますね。

インターネットで申し込めば、来店不要で融資を受けられます。
ネットを使えば利用明細書がご自宅に送られてくることもありませんので、家族に内緒のままにしておけます。

中にはその銀行の口座をお持ちのお客様には、最短即日融資をするというカードローンもあります。
限度額以内なら何度でも借りることができます。

このように大変便利な仕組みになっている銀行カードローン、頼らないのに越したことはありませんが万が一のお守りとして日頃ご利用されている銀行でチェックしておくといいかもしれません。

借金している専業主婦の返済方法とは

女性オペレーターここ数年で専業主婦でもお金を借りやすくなっていますので、配偶者に内緒でお金を借りている専業主婦の方は増加傾向にあります。

生活費の足しにしたり友人との交際費に充てたりなど様々なケースがありますが、問題になるのが借金の返済方法になります。

基本的に、専業主婦の方が得られるお金と言う物は配偶者から渡される生活費になります。
なのでその生活費の中から借金の返済を行うのですが、借入金額によってはまかないきれない可能性があります。

まず、借入金額が少ない場合には月々の利息も数千円になりますので返済は可能な金額と言えます。
また、少額の借入金額の場合は利息と共に元金の返済も可能になります。

しかし高額の借入金額の場合は月々の利息だけで手一杯になってしまい、全く元金が減らずにいつまでも返し続ける事になります。
そしてそのような事態に陥ってしまうと、後々大きな問題に発展する可能性が出てきます。

例えば、電話での催促や郵送物での督促などが行われるとそれが家族に知られてしまう事があります。
そうなってしまうと離婚問題などに発展する可能性がありますし、最悪の場合は命にかかわる問題になってしまう事もあります。

なので、専業主婦の方が借金する際には自分が返済できるかどうかを慎重に判断する事が重要なポイントになると言えます。

なお、自分の力でお金を返す事が難しくなった場合には債務整理が有効な手段になります。
一般的に債務整理と言うと色々と面倒な手続きなどが必要と思われていますが、最近では利用者も多く比較的簡単に行うことが可能になっています。

また、そのような債務整理を行う業者の中には女性専門で行っている所もあります。
このような業者はオペレーターや担当者が女性スタッフになっていますので、同性の視点から的確なアドバイスをしてくれます。
さらに無料相談なども行っていますので、借金を返す事が難しくなった場合には利用するメリットが非常に大きいと言えます。

このページの先頭へ