カードローンの利用デメリット

バツ主婦の利用が増えているカードローンですが、カードローンといっても最近では消費者金融のカードローンに限らず、信頼ができる銀行や身近なクレジットカードを発行している信販会社などでもカードローンを利用することができるようになりました。
 
昔に比べると、カードローンの利用に対して抵抗感が無くなっている人が増えていますが、これが返って多重債務の要因を作り出していると言われています。
 
これはインターネットを利用してカードローンが利用できるようになったことも大きく関連しています。
 
お金を借り入れることに対して抵抗感が無くなってきており、昔のようにカードローンを利用することが恥ずかしいと思う人も減っているので、自分が思うままに借り入れてしまう人が多く、借り過ぎて後から借金を返せなくなるというパターンが増えています。
 
これは主婦のカードローンでも同じことが言えます。
 
主婦になってくると収入が少ない場合が多く、配偶者の収入によって審査が進む場合も多いため、正社員として働いている社会人に比べると審査基準が厳しく設定されている場合がほとんどです。
 
審査にクリアしなかった主婦の中には、どうしてもお金が借りたいということでヤミ金に手を出してしまうケースも少なくありません。
 
カードローンには依存性もあるので、全員がそうとは限りませんが、必要以上の借金を抱えてしまい、後から債務整理などの借金整理が必要になるケースも多くあります。

このページの先頭へ