カードローンの金利について

年収の3分の1カードローンの利用を検討している主婦の中には、カードローンを利用することによってどれくらいの金利が発生するのか気になるという主婦も多いと思います。
 
カードローンの金利というと高金利で、利用してしまうと瞬く間に借金地獄に陥ってしまうというイメージを持っている人も少なからずいるのではないかと思います。
 
カードローンの金利は他のローンに比べると高めで設定されていますが、上限金利の引き下げが法律によってどんどん進んでおり、最近のカードローン金利は昔に比べるとかなり低くなっています。
 
金利の高さによって想像するような借金地獄に陥ることは少なくなっていますが、それでも100万円までの借り入れには10%を超える金利となっているので、他のローンに比べると高金利となっています。
 
カードローンの金利は、借り入れ金額が多いほど金利が低くなるという特徴があります。
 
数百万円の借り入れになってくると、借り入れたお金に対してかかる金利は5%以下と小さく、多額なお金が必要な場合は低金利でお金を借りることができます。
 
しかし、カードローンの場合は年収の3分の1を超えるお金の借り入れができない総量規制の対象となっているので、100万円の借り入れを希望する場合は300万円以上の年収が必要になってきます。
 
金利が最低水準になってくる300万円を超える借り入れになってくると、総量規制の関係によりカードローンを利用できる人自体がそこまでいないというのが現状です。

このページの先頭へ