一体型カードの主婦カードローン

カード主婦の財布の中身はポイントカードやキャッシュカード、クレジットカードなどで溢れている場合も少なくないと思います。
 
クレジットカードに関しては、作成することで得られる特典を目当てにクレジットカードを作成しているうちに、いつの間にかクレジットカードが何枚も増えていたということもあると思います。
 
カードローンを利用する場合も、カードローン取引に必要なカードの発行をしないといけない場合がほとんどです。
 
キャッシュカードやクレジットカードなどがたくさんある場合は、カードローンに利用するカードを一体型にして、カードの枚数を減らすことをおすすめします。
 
カードの一体型というのは、銀行のカードローンの場合だと銀行のキャッシュカードとカードローンカードの一体化で、信販会社のカードローンの場合だと信販会社のクレジットカードとカードローンカードの一体化です。
 
どちらかというと元々あるそれぞれの金融機関のカードに、カードローン機能を新たに付加させるという感じです。
 
カードの所有枚数が増えてくると、管理が難しくなってくるというデメリットだけでなく、盗難にあった場合に盗難されていることに気が付くまでに時間がかかってしまうというリスクもあるため、まとめられる機能はまとめるという考えが有効です。
 
また、クレジットカードに関しては使っていないカードでも手数料が必要になる場合があるので、カードローンの利用を一つのきっかけとして使用してないカードを解約すると良いでしょう

このページの先頭へ