一般ローンと主婦カードローンの違い

考える女性のイラスト主婦のカードローン利用は、レディースローンなどの女性限定ローンでも利用することができるようになっています。
 
レディースローンに限らず、最近では主婦に限定しているカードローンサービスを提供する金融機関も増えており、昔に比べると主婦がカードローンを利用しやすい環境になったと言えます。
 
金利そのものも下がってきているため、金銭的な負担も昔に比べると減ってきています。
 
ちなみに主婦が利用できるカードローンサービスはローンの分類で言うとカードローンに分類されます。
 
カードローンはいろいろあるローンサービスの中でも自由性の高いローンとなっており、使用用途を限定しないローンサービスであることからフリーローンと呼ばれることがあります。
 
一般ローンとこうしたカードローンの違いとしては、使用用途があらかじめ決まっているか決まっていないかという違いがあります。
 
一般ローンの場合は使用用途があらかじめ決まっているため、必要なお金だけが指定した口座に振り込まれるようになっている反面、カードローンの場合は最初にお金が振り込まれるのではなく、自分からATMに足を運んで必要な金額だけ借り入れができるようになっています。
 
また、一般ローンの場合は返済回数などがあらかじめ決まっています。
 
カードローンになってくると借り入れが自由なので、返済回数というのもあらかじめ決まっていませんが、毎月返済しないといけない金額は決まっています。

このページの先頭へ