主婦のカードローンと総量規制

総量規制が施行されたことによってカードローン業界は大きく変化することになりました。
 
総量規制というのは、カードローンやカードローンを利用する際に、借り入れできる金額が年収の3分の1を超えての借り入れができないというものです。
 
総量規制が施行されたことによって、必要以上にお金を借り入れてしまうリスクが低減することになりました。
 
そもそも総量規制が施行された背景には、主婦を含むカードローンを利用する人の中に、多重債務の状態になる人が増えたことが理由としてあります。
 
多重債務というのは、複数の金融機関からお金を借り入れて借金地獄に陥ってしまうことです。
 
昔は多重債務の原因の多くは金利の高さによるものだったのですが、最近の多重債務はどちらかという利便性に甘えて必要以上に借り入れをしてしまうことで多重債務になるケースが多く、総量規制による借り入れ制限は良い抑止力となっています。
 
ただし、総量規制のせいでカードローンを利用できなくなった人の中には、ヤミ金融を利用してお金を借りるという人が増えています。
 
これによって多重債務の状態が解消されるどころか、借金の状態がさらに悪化してしまうケースが増えています。
 
また、主婦の場合はもともとの収入が少ないということもあって、総量規制による規制の影響はかなり大きくなりました。
 
これによってヤミ金にはまってしまう主婦が増加して、一部ではこれが深刻な問題になりつつあります。

このページの先頭へ