主婦が借金する方法 TOP > 目的別にカードローン利用を考える > 借り入れが長期になると想定される場合

借り入れが長期になると想定される場合

昔はカードローンの利用に関して、金利が50%を超えるような時代もありました。
 
現代では主婦がカードローンを利用する場合も金利が20%以下と決められているため、昔に比べると随分金利の負担が減ることになりました。
 
それでも20%近い金利になると、毎月の返済にかかる金利のお金は結構な金額になってきます。
 
ちなみにカードローンの金利は日割り計算されるため、カードローンを利用して借りたお金を近いうちに返済することができるのであれば、そこまで金利の支払いは無いので、あまり金利に関してそこまで神経質になる必要はありません。
 
ですが、借り入れる期間に比例して支払う金利の額は増えてくるので、借り入れの期間が長期になるほど1%の金利差が響いてきます。
 
そのため、借り入れの期間が長期になるとあらかじめ分かっている場合は、できるだけ金利の低い金融機関を選んでお金の借入れを進めていくことをおすすめします。
 
金利の低さで金融機関を選ぶなら、銀行のカードローンがおすすめで、もちろん主婦が利用できるカードローンもたくさんあります。
 
また、金利が低い銀行のイメージはメガバンクや大手銀行というイメージもありますが、身近な地方銀行でもかなり金利が低い場合があります。
 
まずは普段から利用している銀行にカードローンサービスがあるか無いか調べて、詳細を調べて金利が低いならそのまま申し込みをすると良いでしょう。

このページの先頭へ