主婦が借金する方法 TOP > 主婦がカードローンを利用する場合の特徴 > 収入が少ない主婦でもカードローンは利用できる

収入が少ない主婦でもカードローンは利用できる

パソコンを使う女性カードローンの利用を検討している主婦の中には専業主婦ではなく、パートや派遣などで収入を得ている主婦もいると思います。
 
専業主婦よりも多少でも収入がある兼業主婦の方が、カードローンの利用に関しては有利になっています。
 
これはほとんどの金融機関が安定した収入があるというのが条件となっているためです。
 
少額でもパートや派遣による収入があれば、それだけで信頼度が高くなるため、消費者金融に限らず銀行やクレジットカード会社のカードローンでも利用できる可能性があります。
 
ちなみに、フリーターのカードローン利用できる金融機関は昔に比べるとかなり増えています。
 
フリーターは正社員のように安定した収入が期待できないものの、収入に合わせた貸し出しなら問題無いという金融機関側の判断ですが、兼業主婦がカードローンを利用する場合も同じ原理となっています。
 
主婦のカードローン利用ができる金融機関はかなり多くありますが、中には主婦の利用に対応してないところがあるので、主婦の利用に対応しているところを選ぶ必要があります。
 
レディースローンと呼ばれる女性限定のローンサービスを提供しているところなら、主婦の利用に対応しています。
 
ただし、借り入れできる金額は総量規制によって年収の3分の1を超えてはいけないとなっているため、収入が少ない場合はカードローンによって借り入れができる金額もかなり少なくなることが予想されます。

このページの先頭へ