主婦が借金する方法 TOP > 主婦がカードローンを利用する場合の特徴 > 専業主婦でもカードローンが利用できる

専業主婦でもカードローンが利用できる

指さす女性カードローンを利用する場合はヤミ金融からお金を借りない限り、収入がある人がカードローンの利用条件となっています。
 
当然ながら、無職の人は正規の消費者金融や銀行ではお金の借入れができないのが普通ですが、収入が無いはずの専業主婦だとカードローンの利用が出来る場合があります。
 
これは専業主婦の収入がカードローンの審査対象となっているのではなく、配偶者の収入が審査対象となっているためです。
 
自分にどれだけ収入が無かったとしても、配偶者に安定的な収入があるなら、専業主婦でもカードローンの申し込みが可能で、条件さえクリアすればお金を借りることができます。
 
金融機関の中には、専業主婦の借り入れを制限しているところもあります。
 
専業主婦のカードローン利用に対応している金融機関は、対応してない金融機関に比べると多く、だいたいの金融機関で専業主婦がカードローンの利用条件に当てはまっています。
 
しかし、利用条件にあてはまっているからといって、必ずしもカードローンの利用ができるというわけではないため注意が必要です。
 
また、専業主婦がカードローンを利用する場合は、年収3分の1を超える借り入れをしてはいけない総量規制と呼ばれる規制の影響で、借り入れできる金額が制限されるケースがあります。
 
これによって自分が希望する金額の借り入れができないこともあるので、カードローンの利用を検討している方はこの点にも注意する必要があります。

このページの先頭へ